PracticalMalwareAnalysis-Labs20 WriteUp

Practical Malware Analysis (by Michael Sikorski and Andrew Honig) Lab20のWriteUp。まずは自分の解答を載せて、最後に模範解答を載せる。不正解の解答も戒めとしてそのまま載せる事とする。ラボはこちらからダウンロード可能。

PracticalMalwareAnalysis-Labs19 WriteUp

Practical Malware Analysis (by Michael Sikorski and Andrew Honig) Lab19のWriteUp。まずは自分の解答を載せて、最後に模範解答を載せる。不正解の解答も戒めとしてそのまま載せる事とする。ラボはこちらからダウンロード可能。

PracticalMalwareAnalysis-Labs18 WriteUp

Practical Malware Analysis (by Michael Sikorski and Andrew Honig) Lab18のWriteUp。まずは自分の解答を載せて、最後に模範解答を載せる。不正解の解答も戒めとしてそのまま載せる事とする。ラボはこちらからダウンロード可能。

PracticalMalwareAnalysis-Labs17 WriteUp

Practical Malware Analysis (by Michael Sikorski and Andrew Honig) Lab17のWriteUp。まずは自分の解答を載せて、最後に模範解答を載せる。不正解の解答も戒めとしてそのまま載せる事とする。ラボはこちらからダウンロード可能。

SMSのAlphanumeric Sender IDのメモ

シンガポールの大手銀行のOCBCを騙ったフィッシングがシンガポール国内で深刻な被害をもたらしており、話題になっている。 手口としては、銀行のユーザーにフィッシング・リンク付きのSMSを送り、偽のOCBCのWebサイトに誘導してパスワード等を窃取するというものだが、特筆すべき点として攻撃者の送信した悪意のあるSMSが、銀行から送られた正規のSMSと同一のスレッド内に表示されたということが挙げられる。 一体どうしてそんなことが可能だったのか気になり、調べてみた。

PracticalMalwareAnalysis-Labs16 WriteUp

Practical Malware Analysis (by Michael Sikorski and Andrew Honig) Lab16のWriteUp。まずは自分の解答を載せて、最後に模範解答を載せる。不正解の解答も戒めとしてそのまま載せる事とする。ラボはこちらからダウンロード可能。

PracticalMalwareAnalysis-Labs15 WriteUp

Practical Malware Analysis (by Michael Sikorski and Andrew Honig) Lab15のWriteUp。まずは自分の解答を載せて、最後に模範解答を載せる。不正解の解答も戒めとしてそのまま載せる事とする。ラボはこちらからダウンロード可能。