Cisco ルータに NTP クライアントの設定をする

自宅で使っているCiscoルータの時刻設定がズレまくっていたので、公開NTPサーバからキチンと時刻同期させようと決意。
以下、手順。

参照するNTPサーバを設定するには以下のコマンドを打つ。

router(config)# ntp server [NTPサーバのIP or domain]

なんだ、簡単じゃん。
以下のように独立行政法人情報通信研究機構 (NICT)のNTPサーバを指定。

router(config)# ntp server ntp.nict.jp

ところが、show ntp status で確認してみると、いつまでたっても"Clock is unsynchronized"で時刻同期しません。
おかしいなぁと思っていたら、ACLでNTP通信が弾かれていた模様。
以下のように該当のNTPサーバからの通信を許可するポリシーを追加しました。

permit udp host 133.243.238.164 eq ntp host [my router]

これにより、時刻同期が無事完了

router#sh ntp status
Clock is synchronized, stratum 2, reference is 133.243.238.164
nominal freq is 249.5901 Hz, actual freq is 249.5900 Hz, precision is 2**18
reference time is D6FE400A.83BC7272 (12:46:02.514 UTC Sun Apr 20 2014)
clock offset is 7.2125 msec, root delay is 5.75 msec
root dispersion is 3886.34 msec, peer dispersion is 3879.14 msec

router#sh ntp associations

address ref clock st when poll reach delay offset disp
*~133.243.238.164 .NICT. 1 54 64 37 5.7 2.39 877.1
* master (synced), # master (unsynced), + selected, - candidate, ~ configured

router#sh clock detail
12:52:12.303 UTC Sun Apr 20 2014

Time source is NTP

ちなみにNTPサーバを使わずに手動で時刻設定するには以下のコマンドを使用します。

clock set hh:mm:ss day month year

あるいは

clock set hh:mm:ss month day year

以上。

2014/04/24 追記

よく見たら時間表示がUTC表示になってました。
router#sh clock detail
14:00:51.206 UTC Thu Apr 24 2014
Time source is NTP

毎回、9時間プラスして日本時間に読み替えるのは面倒くさいので、以下のようにしてJST表示(日本標準時)にします。

router(config)#clock timezone JST +9

これでOK!
router#sh clock detail
23:01:57.797 JST Thu Apr 24 2014
Time source is NTP

参考にしたサイト↓
http://changineer.info/posts/cisco_system_management_ntp

Leave a Reply

Your email address will not be published.